精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

secret

愛、会、逢、遭、相、合、藍 …「あい」と読む漢字は人間を表している

夕暮れ


「しん」と読む漢字を並べてみましょう。

神、身、森、心、信、芯、伸、親、真、新、深

自然界と関係のあるもの、目に見えないが有ると考えられているもの、崇高なものなどを表す漢字が多いですね。


「あい」と読む漢字はどうでしょうか。

愛、会、逢、相、合、哀、曖、藍

これらは、人間を意味すると私は考えています。
私たちの文化にも関係がありそうです。


「愛」、「会」、「逢」、「遭」、「相」、「合」は人間関係を表しています。

家族

人がこの世に生まれてきた目的とは、人間関係を体験することによって成長することにあります。

普通に人とあう場合は「会う」
親しい人にあう場合は「逢う」
嫌な人と偶然にあう場合は「遭う」
意見があう、相性があうなどの場合は「合う」です。

私たち人間はこの世に生まれると、まず最初に親と出会い、それから様々な人と出会い、自分と意見や相性の合う相手、合わない相手との関係を体験し、特別な相手とは愛を育むのです。


「哀」と「曖」は、喜怒哀楽の「哀」と曖昧の「曖」であり、人間の感情を表しています。

「喜怒哀楽」と言いますが、「怒」は「恐れ」と繋がっているので、自己の身を守るための本能として多くの生物に備わっている感情です。
それに対して「哀」にはもっと高度な意味があって、人間や哺乳類など高等な生物ほど発達している感情ではないかと思います。

人の心は絶えず揺れ動き、繊細で曖昧なものであるがために、他者との関係性の中で「哀」の感情を発します。
人と人との出会いがあれば、いつかは必ず離別や死別という別れを体験します。その時、「哀」が沸いてきて人は涙を流すのです。
多くの場合、対象に対して「愛」が深ければ深いほど、「哀」も深くなります。

人間の感情をポジティブなものとネガティブなものにあえて分けて考えると、怒りや憎しみの感情はネガティブに属するかもしれません。それらが体内に毒素を作るという研究結果もあります。
しかし、「哀」すなわち「寂しい」「悲しい」「かわいそう」「心が痛い」といった感情は決してネガティブなものではなく、大切に扱って良いと思います。

動物は機嫌が良くないときに「怒」が優勢になりますが、人間では無垢な人ほど「哀」が優勢になります。
「哀」は思いやり、共感、共生などに繋がる感情であり、まさに人間の証明です。

そして、特に日本人の場合には、人と人との関係だけだけではなく、自然界の四季の移り変わりを見て、哀愁を感じてきました。
感性豊かな日本人は、目に見える有限のものすべてに対して「哀」の感情が沸き、「もののあはれ」という美意識として「哀」を大切にしてきたのです。
本居宣長は、「もののあはれを知ることは同時に人の心を知ることである」と説きました。


さらに、「あい」と読む漢字にの中は、「藍」というのもあります。
これは一般的に色を表しますが、藍色は日本の伝統的な色彩によく使われてきました。
また、藍はインディゴであり、「真実の自分」「深い自分」に繋がる色でもあります。


精神世界や宗教に関心か強い人は、「しん」にフォーカスしがちです。
しかし、人間としてこの世界に存在している私たちは、まずは「あい」にフォーカスしてこそ魂の成長があるのではないでしょうか。

(やしろたかひろ) ※FB友達募集しています



関連記事


ヘンプショップ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional