精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

大麻合法化の流れにある「表と裏の統合」

大麻合法化の流れにある「表と裏の統合」

熊野神社

今日は久しぶりに大麻(ヘンプ)の話です。

医療大麻が世界各国で認められるようになり、カナダでは嗜好用大麻が合法化されるなど、このところ大麻を取り巻く環境が一変してきました。

私が大麻に対するネガティブな認識を変える最初のきっかけになったのは、今から20年ほど前に読んだ「神との対話」という本でした。
日本語訳ですが、そこにはこのように書いてありました。

政治とはつまり、権力者が自分の利益を全国民の利益だと納得させる方法だ。
あなたがたの社会では、おおぜいの人のためになることでも、誰かが巨大な利益を上げるものでなければ無視される。
大麻が禁止されている表向きの理由は健康に良くないということだが、じつは、タバコやアルコール以上に習慣性や健康上の危険があるわけではない。
もし大麻が栽培されると、世界中の綿花栽培業者やナイロン、レーヨン生産者、それに木材生産者の半数がたちゆかなくなるからだよ。
大麻は地球上で一番強く丈夫で長持ちがして、役に立つ材料のひとつだ。
どうして、大麻を利用して紙をつくらないのかな? 大麻は安く栽培できて、収穫が容易で、強いロープができるし、長持ちする衣服ができるし、地球上で最も効果的な薬品さえできる。

つまり世界の政治や経済を牛耳っている勢力にとって大麻は邪魔なものであったというわけで、私はこの本を読んで、大麻が広く普及してくるころには貧富の差がなくなり平和な世の中になっているのだろうと考えていました。

ところが今、現実に大麻を合法化して世の中に普及させるエンジンになっているのは大資本家たちであり牧歌的な人たちではありません。
カナダの合法化によってウォール街では大麻関連銘柄の株に対する注目が集まり、「大麻バブル」の到来が予想されています。
かつてはアンチ大麻だった勢力が、今は自分たちの富を増やすための新しい手段として大麻を積極的に受け入れ始めたのです。

医療改革や社会問題の解決のために大麻を普及したいと考える人たちと、巨大な富を得たいと考える権力者たちとの相互関係によって大麻関連産業がこれから発展していきそうです。
誰かが富を得れば誰かが貧乏になっていくという現実もあるのですが、これでもし彼らの目線が軍需産業から大麻産業のほうに少しでも移行するのならば過渡期としては良いことかもしれません。


2016年、アメリカ大統領選挙と同じ日に米国の9州で大麻使用の合法化に関する住民投票が行われました。
その結果、すでに合法化していた州を合わせると全米で半数以上の州と首都ワシントンD.C.で医療用または娯楽用(または両方)の大麻が合法化されることとなりました。
この日から、世界の大麻合法化の流れが加速していったと考えて良いでしょう。

ピーター・ティール

トランプ大統領の顧問であり「影の大統領」と言われているのが、ペイパルの共同創業者であるピーター・ティールです。
彼は、まさかのトランプ氏を大統領選で勝利させた戦略家であり世論操作に長けた人物です。そして彼は人工知能、情報技術、バイオテクノロジーに多額の投資をしている人物として知られ、大麻合法化の推進者でもあります。

バシャールは「2016年の秋に重大なことが起こる。それは数年後に振り返った時に、変化が2016年の秋に始まっていたことを誰でもが気づくようなことだ」と予言していました。
そして、その時期に実際に起きた出来事が、トランプ大統領の誕生と大麻使用の合法化に関する住民投票でした。この二つの出来事は関連していたという事がもうおわかりでしょう。


ピータ・ティールやロスチャイルド一族が関わって起きているもうひとつの大きな出来事は、仮想通貨価格の高騰です。これも、多くの人々が予想していなかったまさかの出来事でした。
ビットコインの草創期を支えたメンバーの大半は、ビットコインを投機対象としてではなくリベラルな社会を創る世界の共通通貨になることを夢見ていました。
今まで法定通貨の発行で利益を得ていた権力者たちからすると、仮想通貨が普及していくことは大麻解禁と同様に好ましくない事でした。世界中の中央銀行を牛耳るロスチャイルド一族はアンチ仮想通貨の代表的な存在でした。
しかし、今では世界の表も裏も仮想通貨を受け入れていく方向になっています。

大麻とコイン

表と裏の意見の一致ということになり、これからさらに世界中で大麻合法化の流れは強まり仮想通貨は普及していくことでしょう。
大麻をまだ解禁していない日本は、来年の確定申告へ向けて税収増を図るために今年の年末までに仮想通貨を再び高騰させたいと考えており、そのための施策を打ち始めています。日本国と彼らの思惑とが一致したところでそれは現実になるでしょう。


ピーター・ティールは世界を動かしている権力者の一人でありながらユートピア思想を持ち、「シーステディング」という政府の規制が及ばない海上の独立国家を建設するという考えを公然と支持していると言われています。

バシャールは2016年秋から始まった出来事に絡めて「多くの人々がありえないと思っていたことが起こると、実は何でも起こりうることに気づく。すると、あなたの現実は様々なものに対してひらかれていく。」と話しています。
ここは善悪を超えたところで柔軟に思考していくべきで、ありえないことがこれからどんどん起きてくることに私たちは注視していく必要があるのでしょう。

(やしろたかひろ)


※日本で合法的に買える「CBDオイル」の販売店
 有限会社フジハイ : https://cbdlab.shop-pro.jp/

大麻の二大薬理成分のうち、酩酊成分であるTHCは日本では購入することが出来ませんがCBDは合法的に購入することが出来ます。

関連記事
医療大麻を認めない農耕民族と変化を選択した狩猟民族
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20181112-1

ヘンプショップ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional