精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

2017年はシンクロニシティーでつながりを広げる年!

2017年はシンクロニシティーでつながりを広げる年!

おさるのかごや

2016年は変化の種が蒔かれた年でした。そして、申年の「エイサホイサッサ」という掛け声とともに不要なものを片づける年、人生や世の中のデトックスをする年でもありました。

まだ片づけが終わっていないと思っている方は、今からでも年末の大掃除のつもりで片づけてしまいましょう。

今、アメリカと韓国で起きていて日本のマスコミをも騒がせている大きな出来事は、資本主義社会のネガティブな面をあぶり出すための出来事であり、世の中が変わるための現象です。
日本国内でもブラック企業のあぶり出しが行われています。広告業界最大手と言われた企業も摘発されました。

ブラック企業は昔から存在していました。しかし、「24時間戦えますか」というCMのフレーズが流行したように、戦後の日本にはサラリーマンの会社に対する献身的精神「滅私奉公」を美徳とする風潮が生まれ、それがバブル期ぐらいまで続いていたのです。
バブル期は、世代的には少数派として生まれてきたパイオニア・インディゴチルドレンが社会に出始めた時期でもありました。その頃から滅私奉公的な風潮に馴染めない人々が出現し、転職を繰り返す若者やニートが増加、さらに若者の自殺率が世界でトップクラスになりました。
その後、1975年以降に生まれた本格的なインディゴ世代がついに社会で大きな比率を占めるようになった今、ようやく古い価値観に疑問を持っている人たちが自分の考えに自信が持てる環境になったのです。そのために改革が起きています。
そのプロセスではインターネットの力も大きかったでしょう。ネット上にはねつ造された情報も拡散されており、年配者の中にはそれらにすっかり騙されている人たちが多いのですが、インディゴたちの多くは正しい情報をチョイスする能力を持っています。


さて、2007年に私がインターネットを利用して啓蒙活動を始めた当時、私のサイトに対して真っ先に推薦の言葉をくださった人がおります。それは、日本のシンクロニシティ研究の第一人者である、ほおじろええいちさんです。
そのご縁で、「いやさかの会」サイトでは今でもほおじろさんが開発したエネルギー・フォトを紹介させていただいております。
http://www.yaei-sakura.net/hojiro/index.php?flourart

百匹目の猿

ほおじろさんは、故・船井幸雄さんに百匹目の猿現象を教えた人ですが、それ以降、私の生活はまさにシンクロの連続になりました。
特定の相手との間でシンクロが最も頻発に発生したのは中山康直さんです。2010年に中山弥栄塾が誕生するきっかけになった出来事もシンクロでした。そのシンクロは中山康直さんによって「ミロクの華道」と名づけられました。

『きっかけは「ど真ん中」のシンクロでした』
http://www.ooasa.jp/school/index.php?5th

百匹目の猿
「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、それが接触のない同類の仲間にも伝播する」というイギリスの学者 ライアル・ワトソンが提唱した説。



「すべてはひとつ、すべては一体」という宇宙の法則からすればシンクロが起きるのは当然なのですが、特に日本人は和の文化と言われるようにDNA的に人のつながりを求め集団で物事を行う才能に長けているので、心をピュアにした時には人と人とのシンクロが起きやすいでしょう。
私たちは、これからの新しい時代へ向けて、そのような日本人の特性を大いに生かすべきではないでしょうか。

麻の葉模様

世の中が変わるためには、全員が一斉に変わる必要はありません。変わらない相手にあまり執着しないほうが良いでしょう。
すべてがつながり合っているので、地球全体をひとつの大きな機械に例えれば、一つのパーツがバージョンアップすれば全体としてバージョンアップする可能性があります。
つまり、地球上の一部の人たちが良い意味で変われば、人類全体に良い変化がもたらされる可能性があるのです。
意気投合した人々によって集団的に起こされるシンクロ波ならば、より大きな力になるでしょう。

ただし、機械の一部のパーツがバージョンアップしたとしても、別な一部のパーツが劣化していたら全体として改善しません。
同様に、これまでの時代はネガティブな影響をもたらす人々が多く存在していたために、ポジティブなシンクロ波だけが大きくなることはありませんでした。
しかし、次元的な二極分化が進む2017年からは、ポジティブな人たちとネガティブな人たちが干渉し合うことのないパラレルワールドが成長していきます。
ネガティブとは拒絶、批判、対立のことです。ポジティブとは受容、改革、創造のことです。
来年は良いつながりを創る年。ポジティブ・シンクロの波を創る年。自分がどのような人たちと縁を持つか、誰を自分のパートナーにするかが大切になります。

(やしろたかひろ)


関連記事
バシャールが語る大麻とナンバー8 、そしてこれから起こる変化について
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160503-1
トランプ大統領誕生でアメリカ富裕層が自国民批判をはじめた!…バシャール予言との関係は?
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20161110-1
社会的タブーの中に癌の治療方法がある(バシャール) -パンドラの箱
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20161124-1
サル年の暮れに浮上したピコハラ問題から読み解く、オンリーワンの時代への転換期
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20161225-1


hempshop540.jpg

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional