精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

自給自足を啓蒙すると潰される!?高樹沙耶逮捕騒動の陰に何が?

自給自足を啓蒙すると潰される!?高樹沙耶逮捕騒動の陰に何が?

高樹沙耶

石垣島の浜辺

益戸 育江 2012年12月14日
ハワイにも福島のがれきが流れ着いている
ここ石垣には日本のゴミ、韓国のゴミ、中国のゴミが流れ着き、どこのビーチも大変美しくない状況だ,きれいに見えるこの海も鬼ひとでが大量発生、珊瑚は死滅、生き物が少ない・・・・
こんなゴミの問題も解決できない人類はウランなど掘り出し利用してはいけなかったのだ、プラスティクが粉々になり掃除は大変!!
これからはしばらくこれまでのつけを払うはめになるだろう!
サバイバル準備怠らずに!!

廃材の再利用

益戸 育江 2013年1月19日
廃物!!捨てられていたプラッチクたらい!!
オーストラリアのマレーニというエコビレッジではリサイクルとは言わずに、pre loved(かつて誰かに愛されていたもの)という言い方をしていた、すてきだ、地球上にゴミという発想を作ってはいけない、すべてはあなたのお心しだい!!ブルーロータス ポンド!!うふっ!

虹の豆 レモンジュース

虹の豆 浮世離れ 2015年8月16日
今夏、最後のカフェメニューのジュース仕込み中!
一夏に入手出来る数量はお天道様次第‼️
次回の仕込みは冬実が取れる半年後。
水豊かな原生ジャングルで完全有機栽培されたパキスタンレモンの酵素ジュース。
天産自給と言っても過言ではありません‼️
身土不二、売り切れ御免の身体が喜ぶ酵素ジュースです。



鳥取で町おこしのために麻の栽培をしながら大麻解禁の啓蒙活動をしていた上野俊彦氏らに続き、医療用大麻解禁を主張していた高樹沙耶(本名:益戸育江)氏、森山繁成氏らが逮捕されました。
脇が甘かったと言われればそれまでですが、大麻は害がなくむしろ健康増進に役立つと信じて疑わない人たちですから、人間の心理としては未成年者が法律を犯して飲酒すること以上にやむおえない部分もあります。
また、所持を認めている森山繁成氏は狭心症を患っていたのでその治療のために大麻を入手したという事情も考えられます。


今は深い洞察力が必要な時です。報道されていることやSNSなどで多くの人が言っていることをそのまま鵜呑みにするのは危険です。それらの情報は本末転倒[顛倒夢想]であることが多いのです。
まずは常識を疑うことです。そして、ネット上には情報操作を目的として動いている多くのエージェントたちが存在していることも頭に入れておかなければなりません。
正しい洞察力こそが個人個人の危機管理能力であり、これから自分がポジティブな世界で生きるのかネガティブな世界で生きるのかを決める力になります。

今の世の中を牛耳っているのは大資本家(大企業)です。
世界中の様々な重要事項の決定は国際金融資本が主導し、官僚がそれに追従し、マスコミがプロパガンダを担当し、政治家が言うことを聞かされているのです。この中で最も弱い立場にあるのが政治家であり大統領にも総理大臣にも大した権力はありません。本当の権力者は目立たないところにいるのです。
そのようなことを知って大麻解放を主張する人たちとそうでない人たちとの間には、意識の上で天と地の差があります。

今回は報道されている通り警察ではなく厚労省が大挙して動きました。
高樹沙耶さんはかつて厚労省の役人と徹底的に議論を戦わせてきた経緯があり、よほど恨まれていたのかもしれません。

旅館業営業許可証

それから、今のマスコミはシェアハウスというものを知らないのでしょうか? 局によって多少の違いはありますが、大方のテレビ番組が「男女4人の奇妙な集団生活」といった見出しを付けて、逮捕理由とは無関係な話題で高樹沙耶さんらの人間性についてネガティブな印象操作をしています。
彼女らの暮らしは自然回帰や自給自足を目指すという確固たる理念を持っていたので、石垣島のあの場所はプチ・エコビレッジであったと言えます。静岡県には数十名もの男女が一つ屋根の下で暮らしている世界的に有名なエコビレッジがあります。
まして高樹さんらはそこで営業許可を受けて「虹の豆 浮世離れ」という名称で旅館業を営んでいたわけで、旅館の従業員たちが施設の中で一緒に寝泊まりすることは昔から普通にあることです。
そういうものが一括りにされて怪しい宗教団体の共同生活のように言われるのは、多様性を認めない貧しい発想であると言わざるを得ません。


このように大麻所持で逮捕された人たちのイメージを貶める印象操作がなされた一方で、今回のマスコミ報道の内容には高樹沙耶さん逮捕のニュースに乗じて医療用大麻を日本の社会に認知させようという意図が含まれていました。
この報道の影響で、有名人などが医療用大麻の議論を日本でも始めるべきだという主旨の発言をしています。
これまでタブーとされて一部のマニアの間でしか話題にされなかった大麻について、高樹沙耶さんの逮捕によってネット上などで議論が活発化しつつあると言って良いでしょう。
ただし、これは一見して良いことのようにも感じますが、深く洞察していくとそうとも言い切れない面があるのです。


ツイッターから、今回の流れについて推理する上で参考になる意見を拾ってみました。

元女優の大麻所持がこれだけニュースになると、むしろ「医療大麻って何よ」と多くの人に注目されるんではないでしょうか。ちなみに大麻成分の製薬、国内では大塚製薬が研究開発してますね

医療目的の大麻の導入には二つの選択肢があります。
天然の大麻。
ケミカルによる怖い医療目的の大麻薬。
製薬会社は元モンサントだけど名を変えマイクロソフトでくるのか。
大塚製薬のか…他の製薬会社も名が出てこないだけで狙ってると個人的に思うです。



この件に関しては、関連記事を別サイトのほうにもまとめてあります。

高樹沙耶容疑者「大麻逮捕」に厚生労働省の“隠れた意図”?
http://www.taimasou.jp/index.php?QBlog-20161027-1


大麻の解禁を訴えていた有名人たちが一網打尽にされていく一方で、マスコミが医療用大麻を宣伝しているという一連の動きの裏には、大企業の影があるのかもしれません。

今後、TPPの流れの中で我が国も医療用大麻を解禁せざるをえなくなっていくでしょう。
医療用大麻が解禁されるのならば官僚や大企業が利権をむさぼったって別にいいじゃないか、という意見もあるかもしれません。
しかし、例えばその企業が私たちに供給する大麻製剤が遺伝子組み換え大麻を原料にしたものだったとしたら…? あるいは、天然の大麻草を原料としたものではなく大麻もどきのケミカル薬品(合成カンナビノイド)だったとしたら…?
中部大学の武田邦彦教授は、「カンナビノイドとよく似た合成化合物は、ひとつ違っただけで全然違うものになる」と言っています。
大塚製薬がアメリカで販売利権を取ったサティベックスは天然の大麻ではなくいろいろな不純物が混ざっているものであるという噂が以前からありました。

虹の豆

各テレビ局が石垣島の近隣住人に取材をしていましたが、それらの番組を見た限りでは高樹沙耶さんらのことを悪く言っていた人はほとんどいませんでした。
今の世界には、他人に迷惑を掛けないという前提で自由に生きようとする人を潰そうとする人たちがいるのです。
経済を独占することによって世の中を支配している国際金融資本たちが最も忌み嫌うことは、人々が自給自足を目指すようになりお金の流通を必要としない社会になっていくことです。
人々が自力で自由に生きていける世の中になってしまったら、戦争や地域紛争も無くなってしまい、彼らの特権が役に立たなくなってしまうのです。

高樹沙耶さんらは電気も最低限しか使わずに暮らしていたようですから、石油や原子力を必要としない新しい生き方を啓蒙しようとしていたと思われます。
大麻などとは無関係であったとしても、自然に回帰するような生活を世の中に啓蒙している人たちは何らかの妨害行為に遭う可能性を心掛けておかなければいけないのでしょう。


※2017.1.27追記
トランプ大統領の誕生によってTPP問題はFTA問題へ変わる可能性がありますが、大麻解禁の流れについては引き続き注視していきましょう。

(やしろたかひろ)


関連記事
麻文化研究者 中山康直氏が語る"麻ことのはなし"
http://www.ooasa.jp/know/index.php?makoto_01
バシャールが語る大麻とナンバー8 、そしてこれから起こる変化について
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160503-1
医療用大麻推進!参議院選挙に出馬する高樹沙耶さんってどんな人?占ってみた
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20160519-1


hempshop540.jpg

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional