精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

中山康直塾長の講義から - 舐めれば判る!縄文式土器・土偶

中山康直塾長の講義から - 舐めれば判る!縄文式土器・土偶

中山康直

世界的に大麻が注目されつつありますが、2016年の今年、遂に日本でも新党改革が医療大麻を公約に掲げました。
今年は麻文化研究者である中山康直さんも、中山弥栄塾において麻にフォーカスした話を多く取り入れています。

縄文人が太古から麻をいろいろな形で使用していたことが考古学的に明らかになっています。
麻が出土している縄文遺跡の一つとして注目されているものに福井県の鳥浜遺跡があります。この縄文草創期の遺跡からは麻の種や麻縄が出土しています。

縄文人にはウイルスに冒された形跡がほとんど見当たらないと言います。非常に健康だったのです。そのことが麻と何らかの関係があるのではないかとこれまで言われてきました。彼らが麻の服を着て、麻を食用にしていたこともあると思います。
さらに、すでにご存じの方も多いようですが、このたび中山康直さんが縄文式土器・土偶について画期的な学説を発表されています。

「舐めれば判る!縄文土器・土偶に秘められた謎」
       ―中山弥栄塾第33回(2016年3月12日)講義より

中山康直

僕の知り合いに、自分の土地から縄文土偶が出土した方がいます。それを見せてもらって、触らせてもらった時に理屈を超えて理解したことがありました。
縄文土器や土偶は見てナンボではない、触ってナンボなんですよ。できれば、舐めてナンボなんですよ。

なぜか? 土器は色々な儀式でも使われていたと思いますが、日常的にも使われたのです。何のために使われていたのかと言うと、酵素ジュース、酵素ドリンクをつくるために縄文土器の形、材質、大きさが理に適っているんです!

ドングリをすり潰してきれいな水と一緒に入れておけば、あっという間にドングリ発酵ジュースができちゃうんですね。縄文人はそういうものを飲んでいたんです。
それが胃や腸の中の菌と仲良しになると、今の地球人では考えられないくらい免疫力が高まり健康になって、さらにクリアになって、ここに居ながら遥か向こうの世界までを読み取れるという精神構造をつくれたんですよ。

どんどん発酵してたくさんの菌が土器の中に埋まれれば、その中にはとても強くて五千度以上でも生きいてる菌や、宇宙空間でも生きられる菌がいる。
そういう菌がしっかり培養されて、その菌を生命が受け取ると免疫力が活性化するだけではなく、進化を促す特性もある。そういう土器で培養した菌を土偶の中に入れて、さらにちょっと掘れば見つけやすいような深さのところに埋めて、数千年後の現代の人が活用できるようにタイムトラベルさせているんですよ。

さらに、見てもらえばわかると思いますが、この文様は麻の繊維で付けられていることが分かっています。麻にはマコモと同じように菌が棲み付いているので、その繊維で土偶に文様を付けたら菌が土偶の方に移行しますよね。そして文様の凹凸の中に微生物が入り込むわけです。
彼らはそういう形でいったん縄文時代を引いて、唯物論的な弥生の経験をするために時を譲り、それが最終的には今の時代になることを見越していたのです。
菌が素晴らしいという理解が伴った上で私たちがキーを受け取れば、縄文菌が私たちがよりよく進化するための貢献をしてくれるという、時空を超えた素晴らしいバトンタッチになるのではないかなと思うんです。
何万体もの土器や土偶が日本に埋められているということは、とんでもないテクノロジーが縄文時代から現代へ贈り物のように届けられているということなんですよ。
だから、縄文土器の破片を手にしたらチューしてあげてくださいね。舐めてあげてね。

縄文には深い奥行きがあって、その縄文の叡智が私たちの中に眠っているということも含めて、現代社会を感謝して生きて行くことが大切ではないかと思います。

以上は中山弥栄塾 第33回「MANAKAリアリティー☆ステージ11 ~NEO縄文の世界へ」の講演内容の一部書き起こしです。講義の全体を視聴されたい方は、ぜひDVDをお求めください。

さらに縄文人について関心のある方は、中山弥栄塾の以下の巻もおすすめです。

第2回「銀河意識と縄文精神の世界」
そもそも日本人はどこから来たのか?という話から始まっています。ムー大陸の五色人をルーツとし二本のルートを通ってやって来た渡来人と縄文人とが混じりあった日本民族の特性と智慧を理解することができます。

第12回「時を超える智慧と空の記憶」
アート性(想像力と創造力)と集中力が尋常ではなかった縄文人の時間軸、空間軸の捉え方、またそれに関係して第3の目(松果体)の秘密などが盛り込まれています。

中山弥栄塾DVD
http://www.ooasa.jp/school/index.php?dvd

(やしろたかひろ)


関連記事
麻文化研究者 中山康直氏が語る"麻ことのはなし"
http://www.ooasa.jp/know/index.php?makoto_01

PR
中山康直講演会「中山弥栄塾」
http://www.ooasa.jp/school/


hempshop540.jpg


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional