精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

意識の向上を目指す人が心掛けるべきフェイスブックのマナー

意識の向上を目指す人が心掛けるべきフェイスブックのマナー

まずは、中山康直さんのメッセージを視聴してください。

「肯定と否定」MANAKAリアリティー・ステージ7より



SNS(フェイスブック,mixi)やツイッターを見ていて、日増しに強く感じることは、人々の意識の二極分化です。
スピリチュアルに興味がある人ほど、二極分化が顕著です。
ネットを、社会に対する自分のネガティブな感情の捌け口として利用する人が非常に多い。それは、ネット依存症のひとつの形態のように思います。

私たちは、自分の親を自分で選び、自分が育つ場所や環境を肯定して、この世に生を受けました。
潜在意識の中でその事を知っていて、自分の人生をちゃんと生きている人は、自分が生まれた家、自分が育った土地や国を愛します。他を否定する事もありません。すべてを肯定しながら、改善や新たな創造を起こします。

自分の人生がままなっていない人は、自分が生まれ育った環境を否定します。
社会を批判したり誰かの悪口を言っても、否定の想念を拡散させるだけで何も改善しません。批判の多い人は、破壊するエネルギーが強く、発展的な創造をするエネルギーを持っていない人です。
そのような人は、しばしば、隣の芝が青く見えます。自分と縁の薄い世界やイデオロギーに憧れを持ちます。

肯定して信頼することは、成功の秘訣でもあります。
自分の人生がままなっていない人が、自己のアイデンティティを確立したいがために芸を磨いたり事業を起こしたりしても、もともと自己否定、社会否定から入っているので、否定という想念が現実を創造してしまい成功することはないでしょう。

結局、二極分化の分岐点は、自分自身を信頼しているかどうか、自分を肯定しているかどうかにあります。
自分を信頼している人は、発展創造のサイクルに入っているので、周りを信頼し、社会を信頼した上で、さらにもっと良くなる方法を考える事が出来ます。

フェイスブック

意識の向上を目指す人が心掛けるべき、SNSやツイッターの最低限のマナーは、自分のネガティブな感情をむやみに拡散しない事だろうと思います。
自分が生きている社会や政治や自分の国や嫌いだ、不満だらけだという気持ちは、ある意味で、その人の中に自然に湧き上がってくる感情なので仕方が無いと思います。
しかし、ネットの向こう側には、そのようには考えていない人も居るわけですから、自分のネガティブな考え方を不特定多数へゴリ押しすることはやめて、自分の中で処理すべきです。
例えば、今の生活環境から脱出する方法を考える、外国へ移住するなど、他人を道連れにしない個人の行動で問題を解決すべきでしょう。

自分ひとりで解決出来ない場合には、良きカウンセラーを探す事でしょう。
また、自分が好きな事を人の目や結果を気にせずに思いっきりやってみる事、思いっきり歌う事なども有効です。

フェイスブックにネガティブな友達が居る場合、「知り合い」というリストに振り分けることによって、その人の投稿の表示頻度を大幅に減らすことが出来ます。
(※「知り合い」リストの反対の機能は「親しい友達」リストです。)
また、フォローをやめる設定にすれば、友達関係を切ることなく、完全にその人の投稿が非表示になります。

あなたの楽しい気持ちや、ワクワクする情報を拡散しましょう!

(やしろたかひろ)


関連記事
【無条件の愛】自分を愛せなかった人ほど愛せる自分になれる
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150913-1
あなたが笑えば、鏡も笑う -バシャール名言集
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20151002-1

hempshop360.jpg

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional