精神世界は現実社会に落とし込んでこそ本物!共生社会を共同建設する「イヤサカの会」のスピリチュアルブログです。

対立誘導装置を止めるのは女性力と自給自足社会

対立誘導装置を止めるのは女性力と自給自足社会

うちわもめ

東北の復興や経済問題、エネルギー問題、福祉問題、外交問題など政治が解決すべき課題は山積みであるにも関わらず、相変わらず日本の政治家たちは団扇だ入院中の喫煙だと、国民生活にとって殆んどどうでもいいことを国会の場で問題にし、それに大きな時間とエネルギーを消耗させています。
日本の国会は、どの政党が政権を取っても常に野党が与党を攻撃するだけのやり取りで会期が終了しているように見えます。


日本の政治がこんなことになってしまった原因は何でしょうか?

伊藤貫

政治評論家の伊藤貫氏は、日本はレジームチェンジが出来ないようになっていると言います。
その理由は、占領軍(GHQ)が日本人の中に「護憲左翼」と「親米保守」というグループを作り、その二つの勢力が互いにいがみ合う仕組みを作ったからだと言います。

「護憲左翼」とは、朝日新聞、毎日新聞、岩波、NHKなどのグループです。アメリカが決めた日本国憲法や軍事裁判に伴った歴史解釈を守っている勢力です。日本は他国に対してあれだけ酷いことをしたのだから自主防衛能力を持ってはいけない。軍事なんか持ったら日本はまた軍国主義になるという主張を持っています。
「親米保守」とは、自民党、産経、読売、文芸春秋などのグループです。保守、愛国と言いながらやっていることが逆で、アメリカが作った戦後レジームからは一歩も出ようとしない勢力です。但し、自民党の中でも鳩山一郎、石橋湛山、重光葵の三人は例外で、アメリカ政府に対して占領軍の撤退を要求しました。逆にアメリカの言い成りになっていたのが 中曽根康弘、佐藤栄作、池田勇人、小泉純一郎だったと伊藤氏は言います。

帝国主義による支配の原理とは、その国民が常に内部分裂している状態を作っておくことです。
そうすれば今の日本人のように互いに喧嘩することだけでエネルギーを使い果たしてしまうので、帝国主義から自国を独立させようとするところまで知恵が回らなくなるのです。
教育委員会と日教組、公民館(神社の代わり)を作ったのも占領軍。日本人同士の絆を弱めるための政策でした。
同時にアメリカは東アジアを常に分裂した状態にしておくことにも成功しました。南京問題も慰安婦問題も、もともとアメリカが作った話です。


以下の記事では、マスコミがウソを言ってもネットの世界と日本人女性の直観力がその調整作用になっている、という日下公人氏の意見を紹介しました。

スサノヲの予感。「2015年、日本女性の直観力によって世の建て直しが始まる!」
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150117-1

しかし、最近ではネットの世界も怪しくなってきており、私は民間人のブロガーを装ったアメリカの工作員が居るような気配を感じています。
内容が徹底した体制批判や意見が分かれるような記事の連続になっており、わさど炎上させて日本人同士の対立を煽っているようなブログがあります。
そのようなブログの中には、更新の頻度から考えても明らかに不自然なものがあります。普通の仕事を持っている一般人ならば、内容を結構作り込んだ記事を1日に3つも4つもアップするのは不可能に近いことです。ブログを書くだけで生活できる特別な立場にある人か、あるいは組織的にやっているとしか思えません。
また、2ちゃんねるなどもそのような日本人の分裂工作に一役買っているように見えます。
そういう類のサイトの運営者がアメリカに住んでいたりアメリカの団体や企業と深い関係をもっていたら要注意です。

このようにネットの世界も情報戦になっていて対立を誘導しているような状況の中では、やはり頼りになるのは女性たちでしょうか?
今こそ、大和撫子の皆様に巫女力を発揮していただきたいと思います。

野菜

また、私たち民衆の力でこのような状況を打開する方法のひとつは、自給自足社会を作ることではないかと思います。
自給自足社会とはお金に依存しない社会のことであり、帝国主義、すなわち国際金融資本たちが最も嫌がる状態です。
私たちはお金に依存しているから景気を気にして景気が悪くなれば政府を批判します。しかし、自給自足ならば経済的には自己責任になるので、国民と政府との対立が無くなります。
国民が経済的に自立することによって政府の責任が軽くなれば、国会議員同士が足を引っ張りあうことも減るのではないでしょうか。そうなれば、政治家たちに国の平和と国民の幸福のことだけを考える余裕が生じるので、理想的な政治に近づくでしょう。


2015.7.27 追記
集団的自衛権をめぐっての対立は、「安倍政権支持グループ」VS「護憲左翼と親米保守の連合グループ」です。

(やしろたかひろ)

関連記事
「愛」と「原発」と「自然エネルギー発電」
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150223-1
集団的自衛権反対運動、リーダ―たちの塩対応
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150727-1
戦後70年、日本の平和を守ってきたもの (中部大学 武田邦彦)
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150716-1
【WGIP】日本の共産化を進めたマッカーサー政策
http://www.yaei-sakura.net/index.php?society_h0055

対立から融合へという二元的意識で平和に向かう流れではなく、戦わず融和するという手段で世の中を良くしていきたいと考える人たちのメーリングリストメンバーを募集しております。
http://www.yaei-sakura.net/index.php?community

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional